Loading...

カードローンの利息をできるだけ抑える方法

カードローンからお金を借りると、確実に利息が発生します。
無利息のあるローンだと一定期間は利息ゼロになりますが、期限を過ぎると通常の利息が発生します。
そのためカードローン選びにおいては、利息を抑えることを第一に考える必要があるでしょう。

基本的に契約時に設定された金利は、あとから上がることはありません。
低金利で契約するほどお得なので、ここはよく考えておきましょう。
無利息期間のあるローンも嬉しいですが、それよりも金利を重視したほうが得策でしょう。

利息を抑える基本

利息を抑える基本となるのは無理な借り入れをしないことであり、無理をすると利息に追われることになります。

利息は金利で決まるものだと認識されていますが、それ以上に借り入れ額が大きく関係してくるのです。

たくさん借りるほど利息が増えてしまうので、利息を抑えるために借りる金額を圧縮していきましょう。
たくさん借りるほど返済に時間もかかるので、より多くの利息が発生します。

ローンは短期返済をするのが好ましいですが、これは日数に応じて利息が発生するからです。

利息は元金(借入残高)に金利をかけて計算される一方、利息は日割りで計算する仕組みになっているため、「利息=元本×金利×日数÷365日」で求めます。
引用:金利とは|利息や年利の計算方法とグレーゾーン金利への対策|債務整理ナビ

だいたいの返済プランを立てておき、どれくらい利息がかかるのか前もって知っておくのも大切です。

返済期間と金利について


カードローンの完済まで1ヶ月と3ヶ月では、利息は3倍ほども違ってきます。
早く返済したほうが借り入れ日数を減らせるので、利息の節約になるわけです。

高額な利息の支払いを避けるためにも、早めに完済できる返済計画を立てておきましょう。
一括返済を常に意識しておけば、利息の支払いは最小限に抑えることができます。
完済までの計画を立ててみて、いくらの利息を支払うことになるのか確認してください。

低金利のカードローンを選ぶ


カードローンはひとたび契約してしまうと、簡単には金利を下げることができません。
業者と交渉をしても下げてくれないことが多いため、低金利で借り入れするには借り換えをするのが一般的です。

今より低金利のローンを見つけて、借り換えをしていくのが得策でしょう。
消費者金融のカードローンを利用している人なら、銀行カードローンに乗り換えすると数%くらいは金利を下げることができるはずです。

また、今から新規でお金を借りたいという場合には、銀行カードローンを選ぶと金利を抑えられます。

銀行のカードローンは消費者金融と比べると低金利です。
カードローンを選ぶ際に銀行か消費者金融で迷ったとき、金利で選ぶなら銀行カードローンがおすすめです。
引用:フリーローンは低金利でおすすめの借入先|お金を借りるセレクト

返済の際には元金+金利が必要だということを念頭に置いて、出来る限り金利の低いカードローンで借り入れをするのがかしこい方法です。