Loading...

カードローンの利用に雇用形態は関係する?

カードローンの利用をする前に審査がありますが、ここでは雇用形態もチェックされます。
公務員・会社員などの安定した立場にある方は審査に通過しやすいと言えるでしょう。

非正規のアルバイトやパートといった方に関しては、審査の難易度が高くなります。
審査に落ちないためには、希望額を抑えるなどの対策が必要になってきます。

借り入れ可能な金額は雇用形態に関係する

カードローンで借り入れできる金額は、人によって大きく異なってくるのです。
たくさん借りてしまう人は、意外と公務員に多いことがわかっています。

公務員は高額を借りやすいと言われますが、この理由は収入が安定しているからです。
次いで会社員も審査の通過率が高く、80%以上の確率で借り入れできると言われています。

審査に落ちないために


ただし、希望額をあまり大きくすると審査に落ちてしまうことがあるので、ここはよく注意してください。

審査を有利にするためには、希望額を抑える対策が一番効果的なのです。
30万円より20万円のほうが審査に通過しやすいのは間違いありません。

雇用形態はその場で変えることが難しいので、希望額を抑える工夫をしてみましょう。
この方法はシンプルかつ最も効果があり、30万円以内にしておけば借り入れできる可能性はかなり高くなります。

審査の時に虚偽の申告はNG


ローンの審査のときに雇用形態を伝える場合、嘘はつかないようにしてください。
嘘はほぼ100%バレると考えて間違いありません。

実際に嘘がバレることで信用力を落としてしまい、借り入れができなくなった方は少なくないのです。

安全に借り入れするためにも、事実のみを申告してください。

不要なカードは解約しておく


他社借り入れが多いと不利になるので、使用していないカードローンやクレジットカードがあれば解約しておきましょう。

お金を借りていない状況であっても、カードが使える状態にあるだけで審査に影響してくるのです。
審査を少しでも有利にするためにも、カードの所有枚数はなるべく減らしてください。
カード枚数を0にすれば、非正規の方でもかなりの確率で借り入れができるはずです。