Loading...

学生がカードローンを利用するための条件

学生でもカードローンは利用できます。
しかし、どのカードローンも利用するための条件をクリアしなければなりません。

カードローンを利用するには

カードローンには「利用条件」や「貸付条件」としての明示がされています。
契約限度額や利率、返済方法など詳細が明記されています。
その中に、利用対象者としての条件も含まれています。
多くのカードローン会社は「20歳以上であること」「本人に安定した収入があること(表現は各カードローンで異なりますが、意味合いとしては同じです)」としています。
つまり、20歳以上でアルバイト収入がある学生は、申し込み可能ということになります。

ただし、アルバイトをしているとしても、短期アルバイトや短期間ですぐにやめてアルバイトを転々としている場合は、申し込みができても審査でのクリアが厳しくなる可能性はあります。
逆に同じアルバイト先で長年勤めている場合は審査も通りやすくなるでしょう。

勤務年数、長い方が有利な理由


「なぜ収入があるのにバイトを転々としたらダメで長期ならOKなの?」と不思議に思われている方!お答えしましょう。

カードローンの審査は「貸したお金をきちんと返済できる人かどうか」をチェックするものです。
つまり、毎月安定した収入がある人は、返済するお金もできるので「返済能力がある」と判断されます。
同じバイト先で働いていると、毎月同じような額のアルバイト代がもらえますよね。

更に長年勤めていたり、アルバイトリーダーなど役職に就いている場合はバイト代もアップしているはず。
だから審査に通過しやすいのです。

アルバイトを転々としている場合は、「しっかりとアルバイト収入を得る気があるのか?」という疑問を持たれます。
毎月決まったアルバイト代も入ってこないこともあるでしょう。
だから貸す側としては、「不安定」とみなして審査通過が厳しくなるのです。

さいごに

お分かりいただけましたか?
カードローンを利用したいと思ったら、しっかりアルバイトすることから始めてくださいね。